わきがの原因と予防や治療

わきがは、汗臭さとは違って、ツンと鼻につくような臭いが特徴で原因は汗にあります。脇の下には、エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺の3つの分泌腺があり、エクリン汗腺から出る汗は、運動をした時や暑い時にかく汗で、体温調整のために必要とされる汗で、この汗は、99%の水分と1%の塩分でできている汗で、さらっとしていて粘り気がないという特徴があります。エクリン汗腺は日常的に汗を分泌して、汗自体に臭いはないのですが、皮脂腺から出る皮脂を取り込むことで、汗くささの原因となります。

アポクリン汗腺から出る汗が、わきが特有の臭いの原因になるといわれてて、アポクリン汗腺はわきの下や耳の中、また乳首の周囲や性器の周辺など、体の特定の箇所に集中しているという特徴があります。

アポクリン汗腺から出る汗は、脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、アンモニアなどでできていて、黄色い汗じみや黄バミの原因となる汗です。汗自体も無臭で臭いはないのですが、皮膚にある常在菌と合わさり分解することで、エクリン汗腺からの汗が原因となる汗の臭いとは違う、特有のわきが臭の発生原因となり、皮脂腺から分泌される脂肪分は細菌が増殖する原因となり、臭いの発生につながります。

わきがの臭いを予防する方法として、脱毛は効果的で、わきが特有の臭いの原因には、わき毛との関係もあり、わき毛を脱毛することによって、ある程度臭いを抑制することができます。わき毛は臭いの原因となるし、臭いを周囲に発散させてしまう原因になり、わき毛のケアをしていない状態は、細菌が繁殖して臭いの原因となります。

わき毛は自分で処理することができますが、毛抜きを用いて脱毛を行うのは良くないです。

毛抜きを使って脱毛を行うと、強引にわき毛を引っ張っぱることになり、毛穴にある皮脂腺やアポクリン汗腺に強い刺激を与えてしまい、汗の分泌を活発にするからです。クリニックでわきが予防のために脱毛を行う場合、毛穴をあまり刺激しないという理由で、レーザー脱毛が良いとの事です。一番良いのは、専門の医師に相談することです。

わきがに対する対策には、手術により根本的にわきがを治す治療方法と、もう一つは何らかの対策によりわきがの臭いを一時的に抑える対策方法があります。

このサイトで調べました。
:『脇の匂いを消す!オススメケア商品BEST3!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です